2020.8.14

コロナ禍テレワーク事例『和歌山県庁』を公開しました。


新型コロナウイルス感染症で各地方自治体では医療体制の構築や住民の感染予防など最前線で業務対応を進める一方、通常業務において支障が出ないように対処すべく多様な対応を求められております。その中でmoconaviをご利用いただいております和歌山県庁さんが、コロナ禍でどのように業務を行っていたか。緊急事態宣言以降どのような業務対応をしていたかお話が伺えました。具体的なITの活用方法はもちろん職員がテレワークを実施して業務を止めない対策が実行された内容をご紹介いたします。
 
下記よりご覧に下さい。
コロナ禍テレワーク事例 和歌山県庁