2020.9.24

テレワークプラットフォーム「moconavi」を展開するレコモット、 アイネットと販売代理契約を締結。

レワークプラットフォーム「moconavi」を展開するレコモット、アイネットと販売代理契約を締結
〜アイネットが提案する働き方改革ソリューション群に「moconavi」を選定〜
 
株式会社レコモット(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:東郷 剛、以下「レコモット」)は、株式会社アイネット(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 兼 社長執行役員:坂井 満、以下
「アイネット」)とテレワークプラットフォーム「moconavi」の販売代理契約を締結したことをお知らせいたします。
 
■市場背景
近年、各企業における「働き方改革」の一環として、「情報通信技術(ICT)を活用した場所・時間にとらわれない柔軟な働き方」を実現するテレワークが注目されています。また、2019年4月より施行された「働き方改革関連法」や、昨今の感染症拡大の影響により、テレワークの対象者が全社員へ拡大し、その環境整備が進んでいます。しかし、専用端末の購入や仮想プライベートネットワーク(VPN)環境の構築など、多くの導入・管理コストが発生するため、BYOD※1の活用・セキュリティ対策が喫緊の課題となっています。
 
こうしたなか、レコモットでは、スマートフォンやタブレット端末から社内システムや各種クラウドサービスへセキュアにアクセスできるテレワークプラットフォーム「moconavi」を展開しており、700社26万以上のユーザーにご利用いただいております。
 
■アイネットとの販売代理契約締結について
アイネットでは、コロナ禍での安定した事業継続を目的とした働き方改革ソリューションを提供しています。moconaviの端末にデータを残さないセキュアな仕組みや使いやすいユーザビリティ、豊富な実績を評価いただき、この度の販売代理契約締結にいたりました。
レコモットとアイネットは今後も、働き方改革へ取り組む企業へ安全で快適なサービスを提供し続けるために、セキュリティとユーザビリティ向上の両面からサポートしてまいります。
 
■「moconavi」について
moconaviは、スマートフォンやタブレット端末から社内システムや各種クラウドサービスへセキュアにアクセスするためのリモートアクセスサービスです。スマートデバイス用リモートアクセスツール、モバイル管理パッケージにてシェアNo1※2を記録し、企業のテレワークやBYODを支援しています。
URL:https://moconavi.jp

※1 BYOD: Bring Your Own Deviceの略で、個人が所有するスマートフォンやタブレット、ノートPCなどの端末を業務に活用する仕組み。
※2:出典
ミック経済研究所 「2018 スマートデバイス用リモートアクセスツール」に関する市場調査(アプリケーションベースのメーカー出荷)
テクノ・システム・リサーチ「2018-2019年版 エンドポイント管理市場のマーケティング分析 ーモバイル管理パッケージ」モバイル管理市場調査
 
■株式会社アイネットについて
アイネットは、データセンターとクラウドコンピューティングを展開するとともにシステムの企画・開発から運用・監視までをカバーする独立系ITサービスプロバイダーです。創立以来、お客様の利便性を追求したサービスの創造に努め、様々なニーズに最適なソリューションを提供しています。近年では、AI、IoTなど先端の分野に注力するとともに、宇宙利用産業へも取組みを本格化しています。
URL:https://www.inet.co.jp/
本件に関するアイネット側問い合わせ先
DX本部 営業統括部
TEL:03-5480-3500 メール:newnormal-sol@inet.co.jp
担当:内海、押切宛
  
■株式会社レコモットについて
レコモットは「人を中心にワークスタイルを変革する」をコンセプトに、コミュニケーションサービス及びソフトウェアを提供するITベンダーです。クラウドコンピューティングと、その入り口となるスマートデバイスを活用した革新的サービスを世界に提供し、ダイナミック且つ多様性を求める社会の生産性向上に貢献します。
 
会社名:株式会社レコモット
所在地:〒102-0083 東京都千代田区麹町3−3−8 丸増麹町ビル8F
代表者:代表取締役 東郷 剛
設立:2005年11月
URL:https://recomot.co.jp
 
 
※本リリース中に記載の会社名、商品名、ロゴは、それぞれ所有する各社に帰属します。
※報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがあります。

< NextPrev >